SHR脱毛の光はIPLやSSCの光とは違うのか?脱毛の効果も違うのか?

SHR脱毛の光はIPLやSSCの光とは違うのか?脱毛の効果も違うのか?

脱毛サロンで採用されているのは、IPLとSSC、SHRという脱毛法が主流です。

 

一般的に脱毛では毛根組織に光でダメージを与えて、発毛機能を低下させるというメカニズムです。

 

しかしIPLとSSCとSHR脱毛はそれぞれ使用する光が違い、効果も異なります。

 

SHR脱毛の光の種類と効果

 

SHR脱毛はスーパーヘアリムーバルという脱毛法で、バルジ領域をターゲットにして脱毛します。

 

バルジ領域には、ムダ毛となる毛母細胞の元となる毛包幹細胞とムダ毛のメラニン色素を作る色素幹細胞が存在しています。

 

ここにダメージを与えることでムダ毛の原料となる細胞を無くし、発毛を抑えるのがSHR脱毛です。

 

バルジ領域は毛根よりも皮膚に近い部分にあるので、弱いエネルギーを連射して蓄熱すればダメージを与えられます。

 

ただし発毛機能にアプローチする脱毛法なので、脱毛効果が出るまでには2週間以上かかります。

 

IPLの光の種類と効果

 

IPLでは、黒い色に反応するキセノンランプを使用して施術を行います。

 

IPLの光がムダ毛に反応して熱に変換され、この熱が毛根まで伝わることでダメージを与え、発毛機能を低下させます。

 

脱毛の効果は、施術によってダメージを受けた毛根の発毛機能が低下する10日から2週間後です。

 

SHR脱毛よりは効果が出るのは早いかもしれませんが、それでも施術をしてすぐに脱毛効果が出ないという点では同じと言えるでしょう。

 

SSCの光の種類と効果

 

SSCの光はクリプトンライトという種類で、抑毛成分が含まれたビーンズジェルとの相乗効果によって発毛を抑えるため、3つのステップで脱毛します。

 

  • 抑毛成分が含まれたビーンズジェルを塗布する
  • ビーンズジェルを浸透させるクリプトンライトを照射する
  • 抑毛成分が溶け出してムダ毛の再生を防ぐ

 

これがSSCの脱毛ステップで、毛根組織にダメージを与えるものでありません。

 

そのため、脱毛効果が出るまでにはかなりの時間がかかります。

 

照射するタイミングにもよりますが、短期間のうちに繰り返し施術を受けることで脱毛効果が出てきます。

 

どれも光を使った脱毛法ですが、それぞれ違う光と効果になるので、自分に適した施術方法を選んでください。

友達割・脱毛サロン厳選
page top