1年後の挙式までに脇以外の部位で脱毛するならどこ?脱毛法はどれを選ぶのがベスト?

1年後の挙式までに脇以外の部位で脱毛するならどこ?脱毛法はどれを選ぶのがベスト?

一生に一度、女性がもっとも輝く挙式では、ボディラインだけではなくむだ毛もしっかり整えておきたいですね。

 

ドレスのデザインによっては、普段は露出しない部分の肌を出すこともあります。

 

ですのでブライダル脱毛は今や当たり前になっていますが、挙式まで1年しかない場合はどこの部位をどんな脱毛法でするのがベストなのでしょうか。

 

脇以外の部位で脱毛するなら?

 

本来なら、どんなデザインのドレスも着こなせるように全身脱毛をするのが理想です。

 

ですが光脱毛の場合だと、全身脱毛が完了するのは平均2年ほどなので、1年後に挙式では間に合いません。

 

では、一般的にどの部位を脱毛するのでしょうか。

 

  • 背中
  • うなじ

 

挙式まで十分な時間がない花嫁さんの場合、主に上半身に絞って脱毛する方が多いようです。

 

ミニドレスを着る方はすね毛を脱毛した方が良いかもしれません。

 

ですが、ロングドレスであれば下半身脱毛は結婚後にして、挙式までは上半身を集中的に脱毛するのがスタンダードです。

 

脱毛法は何がベスト?

 

光脱毛の場合、1年だと多くて6回の施術を受けられれば成功です。

 

6回脱毛をすれば、個人差はあるとしても自己処理が必要ないぐらいの効果が得られます。

 

完全につるつるにしたい、という場合は、医療脱毛の方が早く完了します。

 

それなら医療脱毛で、と思ってしまうかもしれませんね。

 

ですが、脱毛が初めてという方や焦っている場合は医療脱毛はやめておきましょう。

 

医療脱毛は効果が高い反面肌への負担が大きいため、肌トラブルのリスクが高いのです。

 

炎症や毛嚢炎などのトラブルが起こってしまったら、脱毛どころではありません。

 

挙式前はそれでなくても忙しいですから、肌の状態も変わりやすく、敏感になっている方も多いです。

 

ですので、例え完全な脱毛ができないとしても、光脱毛やSHR脱毛など肌に負担の少ない脱毛法を選ぶのがベストです。

 

自己処理が必要ないぐらいと言っても、むだ毛はほとんど目立ちません。

 

後はシェービングで綺麗に整えることもできるので、無理をしない脱毛法で晴れの日を迎えてくださいね。

友達割・脱毛サロン厳選
page top